なぜDRT導入するだけで月40万売上アップするのか?

こんにちは、

 

神奈川県横浜市で
整骨院をしています、

竹内純一と申します。

 

本日は、

「なぜDRT導入するだけで
月40万売上アップするのか?」

というテーマで
お話をしていきたいと思います。

 

私自身がDRT導入で自費移行に成功し、
40万円月商が上がりました。

 

細かくひも解いていきますので、
今売上に悩まれている先生も

自分の院にはどこが欠けているのか
チェックしながら
ご覧になってみてくださいね。

 

このメルマガをご覧の先生なら
一度は耳にしたことがあると思いますが、

DRTを臨床でされている先生は
売上が上がると言われています。

 

それは、何故でしょうか?

 

今回は売上の公式に
当てはめて考えたいと思います。

 

先生は、『売上の公式』は
ご存知でしょうか?

 

=============

売上げ
=単価 × 客数 × 購買回数

=============

 

ですね。

 

治療院に置き換えると、

・単価= 治療単価

・客数= カルテ枚数

・購買回数= 来院頻度

となります。

 

これを更に、
DRTに置き換えて考えてみると…

 

■単価

 

これは2つ考えられます。

・施術費を上げる
・施術時間を短くする

上原先生の治療院では
単価5000円で一時間枠4人です。

 

単純に計算すると
5000×4=20000円。

 

それに営業時間をかけると
マックス売上がでますね。

 

はい、計算するとすごいですね!
流石、上原先生。

 

■カルテ枚数

 

カルテ枚数は増やすことですね。
いくつか考えられます。

・患者さんの脱落数を減らす
・紹介を増やす
・再来を増やす

などなど。
特に患者さんの脱落数を
減らすことがポイントですね。

 

DRTは三大指標によって
術前術後の変化を明確にし、

「ここが痛いってことは
背骨が歪んでいるからですよ~」

と患者さんに伝えられます。

 

この指標こそが
DRTの強みかと思います。

 

患者さんも納得されるので
結果的に脱落数は減りますね。

 

■来院頻度

 

これは患者さん一人当たりの
来院頻度の数ですね。

・問診・検査・説明
・モチベーションのコントロール

などが考えられます。

 

上原先生の問診・検査・説明 は、
実際に上原先生の院で受診すると
肌で感じることができますが、、、

とてもシンプルです。

 

※月刊オンライン動画の中で
患者さんの問診音声がありますので
チェックしてみて下さい。

 

そして、モチベーションのコントロール。

 

常に自分の気持ちを
ムラなく一定に保つことが大事です。

 

例えば、日によって
気持ちのムラがあると
施術効果も発揮されません。

 

それに対してDRTには
「願望実現法」があります。

 

これをルーティンとして
毎日行う事で、常に平常心で
ぶれない自分になってきます。

 

願望実現法は
ベーシックセミナーや
12の指標オンラインで学べます。

 

まずは、やってみてください。
常にプラスの気持ちや考えになります。

 

以上のように、
DRTは売上の公式に
全て当てはまっています。

 

結論、上原先生を完全コピーすれば
売上は上がるのです。

 

ですので、
DRTプレイヤーは売上が上がる
ということになりますね。

 

DRTは施術効果も、
マーケティングのことも
考えられている素晴らしい手技です。

 

最後になりましたが、
私の事例をご覧ください。

 

私の場合もDRT導入で
自費移行を果たすことが出来ました。

 

本格的に始めたのは28年1月です。
DRTベーシックセミナーを受けてから
本気出しました。

 

現在は8割が自費、
2割が保険で、2週間以内の負傷原因等が
明確な方のみです。

 

具体的な数字の推移はこちらです。

 

■単価平均

DRT導入前→2500円(保険+窓口料金合わて)

DRT導入後→5000円

 

■客数平均

DRT導入前→月125枚
DRT導入後→月80枚

客数は減りましたが単価が倍なので
売上は40万円上がっています。

 

■購買回数(リピート数)平均

DRT導入前→3.5回
DRT導入後→3.8回

 

単価が2倍になったのでリピート率が
心配でしたが、下がるどころが
上がる傾向にあります!

 

全てはDRTシステムのお陰です。
ありがとうございます。感謝致します。

 

これからさらに精進して
精度を上げていきます!

 

今回は売上の公式にDRTを当てはめて、
売上が上がると述べましたが、
それは結果として出ているものです。

 

そのため、
常に慢心せず謙虚な姿勢が
大事だと思います。

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

 

感謝致します。

 

竹内純一

 

追伸

 

DRTに出会い
上原先生の経営哲学に触れることで、

 

自分自身の

・時間の価値
・治療の価値

そこから患者様が得る

・健康の価値

 

この価値を正確に見定めて
自信をもって適正価格で
提供できるようになります。

 

「捉え方が変わる」

ことで、治療院経営の全てにおいて
爆発的なレバレッジがかかるのです。

 

大切なのは自己犠牲感を持つことなく

患者様と施術者が
WINWINの関係でいられることです。

 

一生治療家として生きていくなら
必ず身に着けておくべきことです。

 

もっと詳しくDRTシステムを学び
上原先生の経営哲学を手に入れたい先生は

今すぐ月刊DRTオンラインで
それらを手に入れることが出来ます。

 

詳細はこちらからご確認ください。

↓↓↓
http://www.itm-asp.com/cc/226001/34dC7h08

 

追々伸

※先生へのお願いです

 

先生も
実感されているかもしれませんが…

 

DRTは今ものすごいスピードで
日本全国の治療家の先生方に
拡がってます。

 

ここまで普及できたのは、

「DRTっていうスゴイ
治療法があるらしいよ!」

という、先生方の
クチコミのお陰です。

 

このDRTを、
お知り合いの先生にも
教えてあげたいときには、

ぜひDRTの無料動画セミナーを
紹介してくださいね。

↓↓↓
▼DRT無料動画セミナー
https://webinarsystem.jp/webinar/drt?utm_source=MailMagazine

※完全無料でDRTを学んでいただけます

竹内純一(竹内 純一)

いままで私は特別な手技を持っておらず、いわゆる慰安的なマッサージがメインでした。
ただ、それだと症状の根本的には良くなっておらず、患者さんからはよく『まだここが痛い』など言われていました。そして痛みが無くなるまで時間をかけて施術もしていた時もありました。勿論結果は良くならず、かえって痛みを酷くさせてしまったこともありました。
こんな私を救ってくれたのがDRTでした!
DRTを教えて下さった、東京都江東区の完全自費でやったおられる『よつば整骨院 田中雅浩先生』でした。
DRTは人間が本来持っている治癒力を最大限に引き出す手技です。
3大指標をチェックし、DRTを行います。手技が終わって3大指標がクリアしていれば、あとはご自身の治癒力次第。その場の症状を追わないで施術が出来るので、術者と患者さん双方が無理なく通院していただき施術に専念できるところがいいですね。
そして今では手技はDRTのみです。
また、私の様に整骨院で保険でやっている治療家の先生で保険から自費診療に移行を考えている先生は、是非DRTを学ばれるのをおススメします。
私にDRTを教えて下さった田中先生、と親切丁寧にDRT手技を教えて下さった上原先生には感謝致します。
私と同じような悩みを持ってる治療家の先生、『百聞は一見にしかず』。
ご要望がありましたら、勉強会等を開催したいと考えておりますのでお気軽にご連絡下さいませ。

合わせて読んでみる