“全身痛くて触れない!”ネガティブ患者を救ったDRTエネルギー

埼玉県戸田市で
一人治療院を経営しております。

 

日髙 努(ひだかつとむ)
と申します。

 

今回のメルマガでは、
原因不明の全身の痛みで
どこにも触ることが出来ない

主婦の患者さまについて
報告いたします。
 

当院のポスティングチラシを
ご覧になってお電話を頂いたのが
約1ヶ月前のことです。
 

その患者さまは、

・全身が痛い
・一定の姿勢を続けられない
・故に精密検査が受けられない
・寝た気がしない
・食べられない
・原因が何か解らない

など、他のことも
仰っていましたが、

「○○出来ない」
「どこもかしこも痛い」

に繋がることばかりでした。
 

この患者さまに対して
私が行った初回のことは、
「話を聞く!」ことでした。

その上で、労い、褒めながら
DRTエネルギーのみ行いました。

椅子に座っているのは楽!
とのことでしたので、
座位の姿勢で実施。
 

5~6分の間、
お話ししながら
少しずつ緩めていきました。
 

約50分間をその患者さまの
対応をしていましたが、
内9割はお話の時間でした。
 

私が患者さまにお伝えしたお話は、
上原先生の教えである

「背骨が緩むと身体が楽になる!」

ということのみです。
 

その患者さまは
痛み・不調・憂鬱・不安が
入り交じった状態で
背中もガチガチでした。
 

DRTエネルギーを受けながら
「先生!背中が暖かいです!」
と、変化を感じるのに
時間はかかりませんでした。
 

立ち上がると
「施術前より身体が伸びている!」
とお喜びでした。

以来、週に2回の頻度で
お見えになりますが、
前と変わらず思考や発言は、
ネガティブです。
 

しかし、ポジティブな言葉を
私から毎回聞くことで
少しずつですが
出来ることが増えてきたようです。

DRTを知る以前の自分だったら
果たしてどのように
対応しただろうか?

とも思いますが、
今は自信を持ってお伝えしています。

「背骨が良くなれば体調は良くなる!」

患者さまを励まし、
労い、褒めながら、
DRTを施すことによって、

様々な悩みを解決出来ていることを
日々実感しております。
 

最後までお読み頂きまして、
ありがとうございます。
 

感謝いたします。
 

日髙 努
 
 

追伸

全身が痛くて
身体に触れることができない
という患者様…

そんな時に役立つのが
DRTエネルギーです。
 

先生はご存知でしたか?
 

実はそれを学べるのが
DRTマスターインストラクター
セミナーです。
 

DRTセミナーは

ベーシック
アドバンス
マスター

という順で学ぶ内容が
レベルアップしていき、

最後のマスターで
DRTエネルギーを学びます。
 

ベーシックを修了しないと
アドバンスに上がれません。
 

アドバンスを修了しないと
マスターに上がれません。
 

なぜならDRTの成熟度に比例して
上位テクニックを理解できる
ようになるからです。

DRT初心者の先生は

DRTと三大指標で結果を出せる
ようになるDRT認定ベーシック
でまずは結果を出せるように
なりましょう!
 

直近のベーシックは10月
連休開催です。
↓↓↓
http://www.itm-asp.com/cc/10104/7Q5CD9Gz

日髙努()