DRTクレニアルの臨床結果を報告します。

こんにちは。

函館の桃李治療院、

アドバンスインストラクターの
圖師浩志です。

さて、今回は

DRTクレニアルの症例を5例、
ご報告したいと思います。

このDRTクレニアルは
DRT独自の頭蓋骨調整であり、

アドバンスインストラクター
認定セミナーで
習うことが出来ます。

では早速1例目の患者様
からお伝えします。

■1人目の事例です。

80代 女性

脳梗塞後遺症、腰椎圧迫骨折、
骨粗鬆症で

最近、訪問マッサージを
開始した方です。

頻繁に高熱(38~39℃)が
出るとの事なので、

毎回必ず体温を測って
いました。

※風邪の場合もあるが、
ほとんどは原因がわからないと
の医師の説明

今日、施術前に測ると
37.6℃でした。

運動療法を軽く20分程行い、
最後にDRTクレニアルを
行いました。

2分程経過した頃、

「ふー」っと大きく
息を吐いたあと、

呼吸が平常通りに
落ち着いてきました。

それまではいつもより
呼吸が荒い感じでした。

そのまま、後2分程施術
して終了。

体温を測ると36.7℃の
平熱になっています。

何かの間違い?

と思い、もう一度測り
ましたが同じでした。

喋り方や声のハリも
普段通りになりました。

■次は2人目の事例です。

80代 女性

脳出血後遺症 左片麻痺
健側、右肩関節部のうずき、
運動痛をお持ちの方です。

脳出血を起こす前から右肩は
時々痛みがあったようです。

昔、転倒したときにひどく肩を
捻った事があるそうです。

ただ、枕を高くして様子を見ると、
肩のうずきが薄らぐので
首の問題もありそうです。

DRTクレニアル後、うずきは
なくなり可動域も改善しました。

■次は3人目の事例です。

70代 男性
後じゅう靭帯骨化症
右手が握れない状態。

他動的には問題ないが力が入らず、
指先と手掌が4cmほど離れています。

DRTクレニアル後、

DRT式ばね指の施術で
しっかり握ることが
できるようになりました。

■次は4人目の事例です。

80代 女性
脳梗塞後遺症

いつもより元気がないご様子で、
息も少し荒い感じでした。

体調をお聞きすると「頭が痛い」
とのことなので、

血圧測定・体温測定後、すぐに
DRTクレニアルをしました。

(体温は36.4℃、血圧は155-76)

2分ほどで呼吸が落ち着き
4分弱で終了頭痛はなくなり、
血圧は130-72になりました。

■次は5人目の事例です。

50代 女性
五十肩

とにかく肩がズキズキ疼いて
辛いとのことなので、

上部頸椎のみ検査して、
すぐにDRTクレニアルをしました。

3分後、うずきが取れたので
通常通り検査をして施術。

可動制限があまりなかったので、
その後2回施術して終了しました。

今回の症例報告は以上です。

皆様のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

感謝いたします。

圖師 浩志

追伸

圖師先生の事例に出てきた
ばね指の扱い方は

DRT12の指標
オンラインマニュアルで
学ぶことができます。

詳細はこちらから
御確認下さい。

↓↓↓
http://drt-uehara.com/online/

DRTセミナーの次の募集は

第6期DRTアドバンス
第3期DRTマスター

で8月1日を予定しております。

開催日時は以下から確認を
されることをお勧め致します。
↓↓↓

2016年DRT認定セミナー開催スケジュール

先行販売もございますので
募集スタートのお知らせを
お見逃しの無いようにされて
下さいね。

圖師 浩志(ズシ ヒロシ)

訪問鍼灸マッサージと実費治療を行っています。DRTは1年前から治療で使っていて確かな効果を感じていましたが、さらに治療効果の精度を上げるため認定インストラクターセミナーを受講しました。この素晴らしい治療法を北海道に広めて行きたいと思います。函館だけでなく道内各地の出張セミナーなども開催予定なので、ご希望の方はHPからお気軽に御相談下さい。