手がピタッと背骨に密着するリコイル練習法!

はじめまして。

 
今回初めてメルマガを
書かせてもらうことに
なりました、
森田茂樹と言います。

 
現在埼玉県の坂戸市で
鍼灸と整体の治療院を
開業しております。
 

DRTは2年以上前から
使わせて頂いており、
マスターインストラクターを
させて頂いております。
 

オーソライズドプログラムも
受講中です。
 

DRTを少しでも広めるために
DRTのセミナーや鍼灸師向けの
施術導入講座を主催しています。
 

メルマガでは、
DRTをはじめたばかりの方々へ
少しでも参考になることを
発信できたらと思います。
 

私はベーシック
→アドバンス
→マスター
→オーソライズド
と勉強してきた中で

上原先生をはじめ
上手な先生の揺動を
受けさせて頂きました。
 

ちなみに私の体型なんですが、
身長177センチ、体重59キロという
スレンダーボディです(笑)
 

さらに、背骨の湾曲が
少なく真っすぐです。
 

DRTを
始められたばかりの先生には
揺らしにくいとよく言われます。
 

ただそんな身体でも
上原先生をはじめ
上手な先生がやれば
しっかりと揺れます。
 

上手い先生はやはり
PtoA=身体後面から
前面への圧が少なく
受けていて心地よいです。
 

まず、上手な先生方の特長としては
PtoAが弱いのに
背骨に吸着していることです。
 

逆に下手な先生は
PtoAが強く、
リコイルのたびに
背骨から手が離れます。
 

PtoAが弱ければ
手が滑りやすい状態に
なるにも関わらず

上手な先生方は
手が滑らず背骨に
くっついているような感じです。
 

そんな矛盾とも思われる状態を
解決するためには
どうすればいいか?
 

それをDRT導入当時から
ずっと考えてトライしてきました。
 

なぜかというと
私は鍼灸治療をするため
アルコール消毒をこまめにします。
 

そのため手の油分が
人一倍なくなりやすく、
滑りやすい状態に
なってしまうのです。
 

このことに
ずっと悩んでいました。
 

それを解決するために
行ってきた方法を
本日はシェアできればと思います。
 

まずはPtoAが弱くても
揺らせる状態を
実感したかったので、

ビニール手袋をして
揺動を行いました。
 

これはとても
良い練習になると思います。
 

ビニール手袋をすると
手が滑らないので
PtoAがかなり抜けて
良い感じの揺動になります。
 

セミナーで受講者さんに
このやり方をお伝えしたら
かなり感覚が掴めたようです。
 

しかしデメリットは
手袋の中が蒸れて
しまうことです。
 

これはあくまで
感覚を掴むための練習だと
思ってやって頂けると
いいと思います。
 

自分がどれだけ
無駄なPtoAが入っていたか
実感できるかと思います。
 

そして次にやったのは
リコイル前にハンドクリームを
塗ることです。
 

簡単でしょ(笑)
 

少しだけベトつく物だと
より揺動しやすいです。
 

ビニール手袋で
PtoAが弱い状態を覚えると

ハンドクリームを塗るだけで
良い感じに揺動できるように
なります。
 

手が滑らないで揺動ができると
患者さんがとても心地よくなります。
 

さらに安心感があり
丁寧な印象になります。
 

施術者側も背骨の状態が
よりわかりやすくなります。
 

もちろん指標の変化も
断然変わります。
 

もし、手が滑る人は
今回の方法を
試してみて下さい。
 

上手なリコイルを
体感できると思います。
 

最後までお読み頂き
ありがとうございます。
 

森田茂樹
 

追伸

第10期DRTアドバンスが
10月29日、11月12日
の両日で開催が決定しております。
 

丁度おととい
第9期アドバンスが
終ったのですが、

やはり第2頚椎の
触診に皆さん夢中でした。
 

ベーシックで自信をつけたけど
それでもまだまだ奥が深いのが
第2頚椎です。
 

そりゃそうですよね。
私が30年
やり続けているわけですからね。
 

教え方はまだまだ
進化しています。
 

アドバンス9期に
ご参加された先生は
その過程を良く
御理解いただけたと思います。
 

第2頚椎横突起の触診が出来る。
第一頸椎の横突起も触れる。
その違いが分かる。
触り方によって圧痛の感じ方が
違うことも説明できる。
 

もちろん何度でも再現できる。
ごまかさない。
 

そうなったら教えることも
できるようになる。
 

ここまで来たら
DRTが楽しくて
仕方がなくなると思います。
 

DRTにあなたの魂が
吹き込まれます。
 

アドバンスは
その境地に行きつくための扉です。
 

年内最後のアドバンスですので
お見逃しのないように
されてください。
 

募集は8月上旬から
スタートします。
 

ありがとうございます。
感謝致します。


Warning: array_shift() expects parameter 1 to be array, boolean given in /home/t-marketing1/drt-japan.com/public_html/wp/wp-content/themes/drt/single-article.php on line 142