DRT月間オンライン7月号

7月のみどころは

患者役の先生はなんと協会に参加されている院長先生のスタッフさんでした。

セミナー撮影からは、セルフボニーパルぺーションのテクニックを公開します!

yokoku

【DRTオンライン7月号】

今回の患者役の先生はなんと
協会に参加されている院長先生の
スタッフさんでした。

susugi

スタッフさんは協会員でも
ありませんし、セミナーも
参加されていません。

DVDも購入されておりません。

院長先生が勉強して
教えてこられたスタッフさんです。

その院長の悩みはこうでした

incyou

本当なら私が参加したいの
ですが、治療院は愛知県の春日井市にあり
休み時間を作ることが難しい現状です。

そこで、私の院のスタッフで
応募をすることは可能でしょうか?

私の方でも時間がある場合には
教えているつもりなのですが、

私自身が上原先生からご指導いただきたい
くらいなので(私のDRT歴はDVDが発売して
すぐなのでおよそ2年になります)、

上手くスタッフに伝えることが出来て
いないのだと思います。

やはり、オリジナルのものを我流に
してしまうのは、上原先生にとっても
DRTにとっても大変失礼なことに当たる
と考えています。

直接上原先生からご指導頂ければ
スタッフだけでなく、私にとっても
こんなに嬉しいことはありません。


とのことでした。

その時私が吉田先生に
送ったメールがこちらです。

上原です。

吉田院長に、
一言です。

自分は出来るけど
人に教えられない!

私も昔は同じでした。

その後セミナー講師を
させていただく事で、
自分の弱点がわかりました。

何故教えられないのかを
とことん考えました。

うまく教えられない=
そのポイントが自分の弱点

なのです。

その克服をする事により、
DRTは更に進歩向上
出来ていると自負しております。

まだまだこれからも進歩
向上する為にも、

是非人に教えてください!

DRTは人に教える事で更に
ご自身が一番進歩向上出来る
システムなのです。

他人に教える事が一番の
勉強になります!

吉田院長の更なる
ご発展を祈念致します。

P.S
スタッフ様は私の1回の
直接指導で、かなり進歩して
いただく自信がございます!!

ここまで。

ということで

緊張の面持ちでやってこられた
スタッフ鈴木さんの

実際の指導映像が
今回の見どころです。

sugui2
緊張してリコイルを始める先生。

uehara
力の入れ方をクッションで教える上原先生

指導中のセリフは全てメモして
書き起こすことをお勧め致します。

さらに今回はセミナー映像も
公開します。

自分の触診スキルを上げて
ご自身の健康管理に最適な

DRTセルフボニーパルぺーション
テクニックの指導映像を公開します。

bonuy1

bony2

yokoku

これはつまり上部頸椎直接調整法の
セルフバージョンです。

凄く効きます。

治療家の先生は常に
頚椎2番の圧痛が
ない状態にしておくと
良いと思います。

正しやり過ぎはダメです。
1日1回にとどめて下さい。

 

月間DRTオンラインにまだ申し込みされていない先生は
お申込みいただければ毎月最新のDRTをご覧頂くことが
出来ます。

詳細は以下のリンクから御確認下さいませ。
↓↓↓

 

7月ボタン