【実話】時給2.2倍!時短成功への道のり全告白!

こんにちは。

東京都港区の
「白金台カイロプラクティック」
DRTマスターインストラクターの
宮川智一です。

 

今回は、

「【実話】時給2.2倍!
時短成功への道のり全告白!」

というテーマで
書かせていただきます。

 

突然ですが、
先生は以下のような悩みや願望を
お持ちではないですか?

 

・短い時間で結果を出して
多くの患者さんを施術してあげたい

・時間あたりの単価を上げたい

・長時間の施術で身体がしんどい

 

もし1つでも当てはまる
ものがありましたら、
今回のメルマガをご覧いただければ、

きっと今以上にDRTが上達し、
短時間施術に移行することが
出来るでしょう。

 

逆に、この事を知らずに
ただ闇雲に努力をしたとしても、、、

いつまでも短時間施術へ移行できずに、
同じことを繰り返すことに
なってしまうかもしれません。

 

過去の私のように。

 

1番大切なのは、

「なぜ、短時間施術をしたいのか?」

ということです。

 

きっと、先生は

「業界の流行だから」
「かっこよさそう」
「周りがみんな目指しているから」

そんな安易な理由で
目指しているわけではないと思います。

 

短時間施術を行うことで
得られる何らかのメリットに
惹かれているのだと思います。

 

私の場合は、短時間施術が
人生に必要だったのです。

 

現在では、施術枠を20分、
施術料は5,000円(税込み)
に設定しています。

 

20分の枠で、お会計から次回予約、
お見送りまで全てを行っています。

 

もちろん、最初からこの時間と
料金ではありませんでした。

 

本日は、どのようにして現在の
短時間施術が実現したのかを
お伝えしていきます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
短時間施術が私に必要だった!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は今年で、
開業15年目になります。

 

その間、多店舗経営を目指したり、
施術者ではなく、経営者を
目指したりもしました。

 

10年前ぐらいが一番野心に
燃えていたかもしれません(笑)

 

その頃は、別院も出していましたし、
スタッフも多い時で10名ほどいました。

 

短時間施術のへの移行を考えたのは
ちょうど最後のスタッフの独立を
見送った時でした。

 

「や、やばい、今までのシステムだと
経営が成り立たない(汗)」

ということに気がついたのです。

 

それまでは、施術者が複数名いて
全体での売上が良かったので、

短時間施術はそれほど
必要ありませんでした。

 

むしろ、
どんなスタッフでも対応しやすい

平均的なシステムの方が
都合が良かったのです。

 

ひとり治療院になった今
その時の施術時間と料金では
利益を全く出すことが出来ず、

無駄に広い店舗の
家賃が重くのしかかりました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
開業からの施術時間と料金の移り変わり
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここで過去に設定していた
施術時間と料金をご紹介します。

 

15年前の開業当初は、1度の施術が
40分5,250円でした。

 

まだ、消費税が
5%だったと思います。

 

現実には、

開業当初ということもあり、
患者さんも少なく
リピートしてもらうのに必死でした。

 

気がつけば、

40分と表記しておきながら
1時間とか1時間半とか
平気で施術していました。

 

時間だけはあったので(笑)

 

患者さんに見事に
迎合して働いてましたね。

 

そこから、

「時間では無く、結果だーー!!」

と思うようになり、時間表記を止め
1回5,250円の
施術に移行しました。

 

ところが、
ある経営コンサルタントに

「分かりにくい」

と指摘を受け、再び、
40分5,250円に変えました(汗)

 

そこからスタッフも増え、

3年後には45分5,250円の
価格設定となり、しばらく
その価格での営業が続きました。

 

そこから前述の通り、
ひとり治療院になるのですが、

どう計算してもこのままでは
まずいことに気がついたのです。

 

そこで、ちょうど消費税が
8%になったこともあり、
30分5,400円へ変更しました。

 

この時、結構不安もありました。

 

ひとり治療院になって、

その価格変更で患者さんが
離れていったら潰れてしまうという
不安がありました。

 

結果的には、

長年通院していただいている
常連さんも含めて、
ほとんど流出しませんでした。

 

ある患者さんには、

「結果的に値上げだね」

とも言われましたが、その方は
今も通っていただけています。

 

そこからまた変更して、
20分5,000円に。

 

現在のシステムになりました。

 

結果的には、
この時間と料金にしようと
思ったわけではなく、

自分の理想とする
状態、状況を実現するために
このシステムが必要だったので
実行したということになります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
なぜ、結果的に短時間施術になったのか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

開業当初と比べ、
料金は大きく変わりませんが、
施術時間がどんどん短くなりました。

 

時給で換算すると、開業当初
7,875円(税込み)でしたのが、
15,000円(税込み)になりました。

 

時給が約2.2倍になったわけです。

 

しかも開業当初は表記よりも
長時間やっていたので、

時給で換算すると5,000円以下で
やっていたことになります。

 

今思うと、ゾッとします。

 

短時間施術に成功できた理由として、

■正しいDRTをやったこと

■自分自身の
「本当はどうしたいのか?」
「どういう人生を送りたいのか?」
という願望を実現していったこと

の2つが挙がります。

 

「売上を上げたい」
「人数をこなしたい」
「かっこ
いい、、(笑)」

そんな理由はありませんでした。

 

もちろん、
自分自身が望む経営が出来て
ストレスフリーになり、

最高のパフォーマンスが
発揮できるようになるので
売上が上がるのは当たり前なのですが、
それは結果論です。

 

また先生が
短時間施術を検討する動機が
売上を上げることであっても
良いと思います。

 

ただ、私の

「本当はどうしたいのか?」

という本質の欲求は、
売上を上げることでは
無かったということです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
自分自身の本当にやりたいことが
正しいDRTをやることや
DRT哲学を学ぶことと自然とリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

開業当初は、

「自分が治してやる!」

という意識がとても強かったです。

 

なので、症状が良くならないのは
施術者の自分のせいであり、

時間を伸ばしてでも
何とかしようとしていました。

 

姿勢指導などの
生活習慣の改善などには
力を入れませんでした。

 

ある意味、患者さんを見ているようで、
見ていない状態だったと思います。

 

治療家なら誰しも、
いくら良い治療をしたとしても

「治りたくない患者さんは治らない」

と知っていると思います。

 

治る、治らないというのは、
最終的には患者さん自身の問題なのです。

 

これが、DRT哲学を学んだことで、
信念へと変わっていきました。

 

モヤモヤとした治療家人生の中、
はっきりとした道筋が
見えたのもこの時です。

 

DRTを学んだのは10年前でしたが、
当時の私はDRTをただの
テクニックとしか思っていませんでした。

 

残念ながら当時は、DRTも
今のような段階を踏んで学ぶことが
出来る学習体系が無かったのです。

 

だから、DRTのテクニックは
知っていたものの、

上手く活かすことが出来ず、
理解するまでに
かなり時間がかかりました。

 

ですので、現在のように
上原先生からセミナーで

一から順序だてて丁寧に
教えていただけることは
とても贅沢なことであり、

正直、治療家として成功するための
最短ルートだと思います。

 

また、

「本当にやりたいこと」

とは、何も治療院の中だけの
話ではありません。

 

自分の人生全般における

「本当にやりたいこと」

はDRTテクニック・DRT哲学と
リンクしたことで、実現しました。

 

自然と、DRTを
テクニックとして習得し、
そこからDRT哲学を学ぶことで

自分の人生のいろいろな面とリンクし、
現在の理想の状態に辿り着いたのです。

 

DRTのセミナーを順番通りに、
ベーシック、アドバンス、マスターと
受けることによって、

自然と治療家としての視点が
高いものへと変わります。

 

そこまで辿り着くと、

「短時間施術をしたい」「出来ない」

というのは全く問題にならないような
レベルになります。

 

まぁ、結果的には
自然と短時間施術になると思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
短時間施術を実現する具体的なステップ
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.「なぜ短時間施術をしたいのか?」
を問いかける。
(本心からの強い理由があれば、
実現間近だと思います)

ここで明確な理由があっても、
現時点で実現できていない場合、
「やらないメリット」の方が
強いのかもしれません。

 

たとえば、

「○○のためにしたい!…でも……」

となるのであれば、
「でも」や「だけど」で出てくる
やらないメリットの方が
強いかもしれません。

 

「なぜしたいのか?」

が明確になり、
本心で思えているのなら、
そのまま行動しましょう。

 

「○○のためにしたい」

というのが、大ゴールだとしたら、

「短時間施術」

はその通過点に過ぎません。

 

また、具体的にどうやったら良いか
行動レベルで分からない場合は、
上原先生のDVDを
そのまま真似てみましょう。

 

2.「でも・・・」「だけど・・・」
と、短時間施術にしたいけど、
なかなかそこから抜け出せない時は、、、

ズバリ、【正しいDRT】を
淡々と行いましょう!

 

一番良いのは、上原先生の
リアルなセミナーに参加することです。

 

いかがでしたでしょうか?

 

以上が、私が短時間施術を
成功させるまでに歩んだ軌跡や
重要だと思うポイントです。

 

短時間施術にご関心のある先生は、

お伝えしましたポイントを
参考にしていただいて
ぜひお役立ていただけたら嬉しいです。

 

そして先生ご自身の
本質の欲求を実現させてください。

 

ありがとうございます、
感謝いたします。

 

宮川智一

 

追伸

 

宮川先生、素晴らしいお話を
ありがとうございました。

 

やはりDRTを施術するだけでなく
DRTシステムを丸ごとやることが
時短成功へのキモなのです。

 

宮川先生もおっしゃっています。

 

昔はひた隠しされていた
時短と継続の両立を成功させる
脅威のDRTシステムを

望めば誰でも学ぶことが出来るので
今は凄く恵まれた環境であると。

 

答えははっきりしています。

 

上原先生から直接学ぶことが
先生の成功への一番の近道です。

 

最短で受けられる上原先生
直伝セミナーはこちらから
今すぐチェックされてください。
↓↓↓

詳細はコチラから
 

4月29日30日の2日間連続の
DRT認定ベーシックセミナーです。
残席10名となりました。
↓↓↓

詳細はコチラから

宮川 智一(ミヤガワトモカズ)

DRTを学び初めて8年。DRTは、よりシンプルで効果が高くなっただけでなく、学びやすい技術体系が確立していますDRTを学ぶ事で、症状を追うのではなく人間の自然治癒力を回復させる事で根本的な治療が出来るという自信が自然に身につきます。ご希望に応じてDRTセミナー、勉強会も行いますのでお気軽にご相談下さい。