コレ↓やれば施術効果10倍上がります!

こんにちは。

 

さいたま中央フットケア整体院、
DRTマスターインストラクターの
冨澤敏夫です。

 

本日は、

「コレやれば施術効果10倍上がります!」

というテーマで
お話をさせていただきます。

 

あなたはDRTの施術は
上手くいっていますか?

 

特に

・まだDRTを知ったばかり。
・DVDを見よう見まねでやっている
・素人だけどDRTが出来るようになりたい

 

というあなた。

 

今回はそんなあなたに
DRTの効果を更に高めるための
ポイントをお伝えします。

 

DRT初心者の方はもちろん、
練習を積んできた先生方も

今一度意識すると、施術効果が
格段に上がるポイントですので
ぜひ最後までご覧になってください。

 

では、早速本題に入りましょう。

 

DRTの効果を高めるために
私が施術で常に気をつけていること、、、

 

それは
「力を抜くこと」です。

 

ここは、患者さん思いの先生ほど
実は気を付けて欲しい点です。

 

なぜなら私がそうだったからです。

 

治そうと思うと、
必要以上の「力み」となって
心の緊張と身体の緊張が生まれます。

 

想いとは裏腹に、
この緊張は、無駄な力です。

 

この無駄な力は

「我」

とも言われています。

 

施術の効果を出すためには、
術者自身が緩んでいないと、
効果がだせません。

 

術者自身の緊張は、
手を通して患者さんに伝わり、
患者さんが緊張をします。

 

施術の最大の目的はリラックスです。

 

リラックスする事で
筋緊張が緩み呼吸が深くなり、
血流が促され、
ホルモンの分泌も活性化します。

 

リラックスは心地よい快の状態です。

 

安心、喜び、幸せを感じます。
副交感神経が優位な状態です。

 

逆に緊張は、
恐怖、苛立ち、不安を
引き起こして
体は戦闘態勢になります。

 

交感神経優位の状態です。

 

自然治癒力を高めるには、
副交感神経が優位の状態ですから、
リラックスをさせれば良いのです。

 

そのためには、
術者と患者さんとの関係を
良好にすることも大事です。

 

笑顔、言葉掛けなど
第一印象は重要ですね。

 

そして、触れるときの
ファーストタッチにも
気をつけましょう。

 

これらの前提を整えたうえで
DRTを施すことで
施術効果は何十倍にも高まります。

 

術者は日頃から精神の安定を
心がけることも大事ですね。

 

マイナスエネルギーを
プラスエネルギーに傾ける
生活をしていくことで、

自身の器が大きくなり、
それにふさわしい仕事が引き寄せられます。

 

私自身も、本の出版から
日経ヘルスの雑誌の取材、

健康365の雑誌の連載など
立て続けに依頼があり、

今度は冨澤ブランド靴下の
プロデュースも依頼されました。

 

喜びもありますが、
責任の重さも感じています。

 

より一流の治療家を目指して
精進を重ねていきます。

 

安心、安全、満足は退化です。^_^

 

私は常にDRT創始者である
師匠の上原先生に
追いつき追い越す精神です。

 

師匠がいるということは幸せです。
目指す姿が明確になります。

 

ありがとうございます。
本当に感謝いたします。

 

冨澤敏夫

 

追伸

 

先日から募集をしていた
第5回DRT研究発表会
参加者200名超えのビックイベントは

お陰様で満員御礼と
なりました。

 

ありがとうございます。
感謝致します。

 

各先生方の発表内容はもちろんの事、

年内最大規模の手技セミナー

DRT仙腸関節&胸椎テクニック

および

願望実現法スペシャルは

月刊DRTオンラインの
1月号、2月号で公開して
まいりますので、こうご期待下さい。

 

さらに…

9月の月刊DRTオンラインも
見逃せません。

 

皆さま覚えておられますか?

 

それは…

 

「DRTの治療効果が出ない」

というお悩みをお持ちの
先生に対して

「あなたにこれ以上指導をする
意味がない」

と上原先生が激昂し
指導を中断してしまわれた
時の月刊DRTオンラインの映像
のことです。

 

その時、生徒役だったのが
小川博史先生なのですが、

 

意気消沈してDRTをやめて
しまったかと思いきや…

 

なんとDRTを続けておられました!

 

そこで小川先生に

「もう一度月刊DRTオンラインの生徒役
チャレンジしてみませんか?」

とご連絡したところ

 

「前回はほぼ門前払いだったので
是非挑戦してみたいです。

 

あの後は、頭側から
C2の検査をできるようにしたり、

昨年から有孔ベッドを使用したり、
DRTの本格導入に向けて動いているんです」

 

とお返事を頂きました。

 

ということで…

 

DRT月刊オンライン9月号は

お茶の水カイロで
小川先生のリベンジDRT挑戦の
映像をお届けいたします。

 

三大指標検査の最初で
門前払いを食らってしまった
小川先生はどこまで変わったのか?

 

三大指標検査、
一番難しいC2触診、

そしてリコイル…

超楽しみです!
こうご期待下さい。

 

まだ月刊オンラインに入っていない先生は
今すぐ詳細をチェックされることをお勧めいたします。
↓↓↓
http://drt-uehara.com/monthly/

過去3年間で公開した指導映像が
全てご覧いただけます。
(総額20万円以上の映像が無料!)

 

追々伸

※先生へのお願いです

 

先生も
実感されているかもしれませんが…

 

DRTは今ものすごいスピードで
日本全国の治療家の先生方に
拡がってます。

 

ここまで普及できたのは、

「DRTっていうスゴイ
治療法があるらしいよ!」

という、先生方の
クチコミのお陰です。

 

このDRTを、
お知り合いの先生にも
教えてあげたいときには、

ぜひDRTの無料動画セミナーを
紹介してくださいね。

↓↓↓
▼DRT無料動画セミナー
https://webinarsystem.jp/webinar/drt?utm_source=MailMagazine

※完全無料でDRTを学んでいただけます

冨澤敏夫()

「整体業界に携わり20数年が経過し、足の痛みを専門に整体して15年です。2017年8月26日に集大成として念願の「しつこい足の痛みは消える」出版も実現しました。しかし、もっと早く治す方法はないか、もっと根本から改善する方法はないかと色々な技術を学びました。学ぶと全身調整の重要性を認識して上原先生の考案したDRT背骨ゆらし療法に出会いました。DRT背骨ゆらし療法を導入し人間が持っている自然治癒力を活性化させて本当の根本療法を現実的になりました。独自に行っていた足首調整で全国から来院される治療院に成長して、正しい歩き方の啓蒙とDRT背骨ゆらしの根本療法で皆様の健康を応援していきます。得意の施術は足の痛み(足首・踵・アキレス腱・捻挫の後遺症・足裏・外反母趾など)ですが、DRT背骨ゆらし療法と組み合わせるとより効果があります。
特に私が成人性のアトピーなどで悩み苦しんだ経験からアトピー整体を導入しました。
DRT背骨ゆらしと栄養指導、生活指導で難治性の症状にも対応していきます。
自律神経・鬱などにも積極的に対応していき、将来は健康で運が良くなり幸せになる「究極の整体」を完成させます。