DRTエネルギーの絶大な効果!臨床事例10連発

こんにちは!
北海道函館市、
マスターインストラクターの圖師です。
 

今回はDRTの
エネルギー療法について
臨床報告させて頂きます。
 

エネルギー療法は
マスターインストラクターコースで
習います。
 

実は、
マスターインストラクターは、
エネルギーを入れながら
リコイルしています(°д°)
 

ビックリ!
 

セミナーではそれだけでなく、
エネルギーのみで
施術する方法も教わります。
 

「凄いな」と思う方、
「怪しい」と思う方、
人それぞれと思いますが、

私は教わった翌日から
一つ一つ効果を確かめながら
行ってきました。
 

今では使わない日がない!
と言うほど役に立って
くれています。
 

DRTのエネルギー療法を学ぶには、
ベーシック・アドバンスの中に、
そこに至る道筋があります。
 

我を入れず素直に教えを
実践していけば、
自然に当たり前の事として
使えるようになると思います。
 

“サンビーム”という言葉を
お聞きになった方も
いるかも知れません。
 

エネルギー療法の一つなのですが、
これ、私が名前付けました(笑)
 

私はマスター第2期ですが、
その折、通常の施術ができない
訪問マッサージの患者さん用に、

上原先生が
披露してくださった方法です。
 

もともと
「***へのアプローチ」とだけで
名前がなかったので、

自分用に名前を付けたのですが、
上原先生が「素敵です!」と
仰ってくださり
正式名称になりました。
 

今回はそのサンビームと、
その他のエネルギー療法を使った
症例をいくつかご紹介します。
 

【症例1】
 

感情失禁のある患者さんの例
 

患者さん:
「おはようございま~す♪」

圖師:
(ん? なんか機嫌悪そうだな。)

「Aさん、おはようございます」

バシッ!
いきなり肩を殴られました(笑)

圖師:
「Aさん、ご機嫌悪いね~」
とりあえずDRTサンビーム!

3分経過、お顔が穏やかになり
ご機嫌がなおりました(´∀`)
 

※感情失禁とは
ほんの些細なことにも
喜怒哀楽の感情が通常よりも
簡単に多く出過ぎてしまうことで

「情動失禁」とも呼ばれ、
脳血管性認知症の患者さんに
見られる症状。
 

【症例2】

後従靭帯骨化症の患者さんの例
 

患者さん:
「昨夜は背中が痛くて寝られなかった」
「今も仰向けで寝ているだけでも辛い」

さっそく、サンビーム!

1分経過、
背中の右側が楽になる。
 

2分経過、
左側も痛みが薄らぐ。
 

3分経過、
背中が暖かくなる。
 

その結果
背中の痛みが取れる。
 

【症例3】

脳梗塞後遺症の患者さんの例
 

患者さんは肩の強いコリ感、
めまいを訴えています。
 

初診なので、
仰臥位で軽めにリコイル。
 

「なんか気分悪いです」と
言われたのでサンビームに変更。
 

数回の施術でコリ感、
めまい改善しました。
 

【症例4】

パーキンソン病の患者さん、
薬剤の影響による不随意運動の例
 

訪問時に
時々激しい不随意運動が
起こっている患者さんです。
 

この時はまずサンビームを
3~5分しました!
 

効果が不十分な時は
頭部にもエネルギーで
ほぼ治まります。
 

【症例5】

やはりパーキンソン病の方で
肋骨が2本疲労骨折の例

身体の歪みが強く骨折面が
1cm近く離れたままの
状態でした。
 

リコイルはやめて
DRTクレニアルと
サンビームのみにて施術!
 

約3ケ月で骨癒合しました。

【症例6】

脳梗塞後遺症、関節拘縮の例
 

この方は痛みにとても敏感ですが、
最初にサンビームすることで
寝るくらいリラックスする事ができ

ROM訓練をしやすくする事も
できています。
 

【症例7】

多発性脳梗塞、
アルツハイマー型
認知症の患者さんの例
 

要介護5、
自力で寝返りもできない方で、
四肢の拘縮も強くあります。
 

これは施術の効果かは
定かではありませんが

毎回、ROM訓練前に
サンビームを行っています。
 

施術開始前は毎月のように
入退院を繰り返していましたが、
施術開始4ヶ月経過しても、
この間入院していません。
 

【症例8】

脳梗塞後遺症の患者さんの例
 

健側の坐骨神経痛で
痛みのため触られたくない様子。
 

体に触れず側臥位で
背中にエネルギー!
 

指標の改善が不十分とみて
サンビームを追加したところ、
5分で痛みは消失。
 

2回目以降は
仰臥位のリコイルができ、
数回の施術で緩解。
 

【症例9】

片頭痛の患者さんの例
 

痛みのため
「触らないで!」という雰囲気。
 

私自身も
片頭痛には悩まされましたので
気持ちは良くわかります。
 

痛みの具合を
お聞きしながらサンビーム!
 

徐々に痛みが薄れ
3分強で「頭が重い」程度に改善。
 

指標をチェックしても
特に問題ないので、
そのまま終了。
 

後日、
良くなったとの事です。
 

【症例10】

私の妻です。
 

ある日
「腰が痛い~」とうるさい。
 

「やってあげようか」と言っても
「良いです」と、可愛げがない(笑)
 

痛い痛いとうるさいので、
しかたなく遠隔でエネルギー。
 

30分後、
「腰はどう?」と聞くと
「痛くない!!」

ああ、そう、良かったね(`_´)
 

以上、エネルギー療法の
ひとつである”サンビーム”の
臨床結果と効果を紹介しました。
 

いかがでしたでしょうか?
 

皆様のご参考になれば幸いです。
 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
 

感謝いたします。
 

DRT函館「上工の会」
圖師 浩志
 

追伸

DRTエネルギーは
上原先生独自の
エネルギー療法です。
 

エネルギーを
使えるということは
 

治療家にとって
大きなアドバンテージを
手に入れたことを意味します。
 

DRTエネルギーは
DRTの最上位クラスである
マスターセミナーで
学ぶことができます。
 

既に120名の先生方が
このマスターで
DRTエネルギーを
体得しています。
 

年内最後のマスターセミナーは
11月26日と
12月17日開催です。
 

既にアドバンスをお持ちの先生は
2017年の総仕上げとして
マスターテクニックを
自分のものにしてみませんか?
 

以下のリンクから
お申込みいただけます。
↓↓↓
http://www.itm-asp.com/cc/10104/5cll1GRy
 

圖師 浩志(ズシ ヒロシ)

訪問鍼灸マッサージと実費治療を行っています。DRTは1年前から治療で使っていて確かな効果を感じていましたが、さらに治療効果の精度を上げるため認定インストラクターセミナーを受講しました。この素晴らしい治療法を北海道に広めて行きたいと思います。函館だけでなく道内各地の出張セミナーなども開催予定なので、ご希望の方はHPからお気軽に御相談下さい。

合わせて読んでみる