腰椎4番と5番に金属が取りつけてある場合

腰椎ヘルニアの患者様で、4番と5番に金属が取りつけてある場合、
drtの施術は腰椎周辺や骨盤はしないのでしようか?

もし、するとしたら、どのようにするのか
アドバイスもらえるとありがたいです。
よろしくお願い申し上げます。

コメント

  1. 上原です。

    色々な脊柱金属手術もある程度の可動域はございますので、
    安心して通常施術しても大丈夫です。

    ただし炎症や骨折の見落としに御注意下さいませ。

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

内容をご確認の上、送信してください。

*お名前

メールアドレス